松浦園芸について

松浦園芸プロフィール

はじめまして。ようこそいらっしゃいました。このホームページの管理者で松浦園芸13代目の松浦尚宏です。
このホームページと松浦園芸のことについて自己紹介させていただきます。

このホームページは名前のとおり鶴岡市特産のだだちゃ豆を知っていただくとともに我が家で栽培しただだちゃ豆を多くの方々に味わっていただきたいという思いから開設しました。開設したのは平成11年私が鶴岡に帰ってきて就農した年です。私の思いつきで始めたこのホームページはパソコンに対する知識の無さとずぼらな性格から管理や更新が行き届かずにいました。それまでの間にこのホームページにお越しいただいた方、だだちゃ豆をご注文いただいた方も多数いらっしゃいましたがその方々にあまりに失礼ではないのか、またこのままのホームページで本来の目的であるだだちゃ豆を広く知ってもらうことができるのかと悩んでいました。

平成16年に研修会でホームページを製作・指導する方と出会い、ホームページで情報を伝える難しさと楽しさまたやりがいを知りました。その方に以前のホームページはだめなホームページと酷評され、みじめさと情けなさで今後への不安が募りました。しかしそこで心機一転頑張ってみようと現在まで継続しております。平成27年、28年とリニューアルに失敗し再々リニューアル致しております。さまざまな失敗と経験を積み、わかりやすいホームページを目指し、日々継続しております
内容はおもにはだだちゃ豆に関することですがそれだけではなく私が住む鶴岡市と庄内地方のこと、我が家のこと、そして農業に対する思いを綴っています。それと少しの管理人個人的な趣味も少々。

我が家、松浦園芸は北に鳥海山、東に羽黒山、月山、湯殿山の出羽三山、西には日本海が広がる日本屈指の米どころ庄内平野にあり専業農家です。四季折々の変化に富んだ自然豊かな鶴岡市大泉地区で肥沃な土壌と赤川からのきれいな水を活かして13代にわたり農業を営んでいます。米作りを中心の農業を続けていましたが、転作の増加や約20年前に私が就農したことでそれまでは自家消費に近かっただだちゃ豆栽培を本格的に行うことにしました。私自身も家族もまだまだ、だだちゃ豆栽培では経験不足ですがそれを補おうと家族みんなでがんばっています。園芸というと花や花木をイメージしますが本来は野菜や果樹のことで以前から米作りの他にトマト栽培をおこなっていたことから松浦園芸という名前になりました。園主(代表)は松浦敏(父)になります。

ホームページ上での情報が信頼できるものであるかを判断するのはとても難しいことです。私もネットショッピングをする際、たくさんの中からどうやって信頼できる店を選ぶか悩みます。金額、買いやすさ、メールでのやり取り、情報の公開や守秘など様々な選択肢があります。すべてにおいて満足がいくということは大変難しいことだと思いますが、まずこのホームページに来ていただいた方へ安心感を与えられるようなホームページをつくっていきたいと思っています。またまだまだパソコン素人ですので不行き届きな点多々あると思いますがよろしくお願いします。ご意見、ご感想や「こうしたほうがいいよー」と思われた方はメールでも構いませんのでお気軽にご連絡いただければ幸いです。

平成29年6月 代表  松浦 敏

ホームページ管理人 松浦 尚宏

 

 

■■■ 松浦園芸のモットー ■■■

おいしさを追求し、安全安心を心がけた基本に忠実な栽培管理

有機質、無化学肥料を中心に丈夫な作物を育てる土づくり

循環と低環境負荷を考えた自然にやさしい農産物づくり

お客様に信頼されるやりがいのある楽しい農業の実践

松浦園芸では様々な農作物をつくりながら祖母、両親、妻そして3人のやんちゃな男の子と楽しく農業をしています。